スタッフから見た『アスティークらしさ』
discussion 座談会

部署も入社の経緯も経歴も異なるスタッフがアスティークの特徴を座談会形式で語ります。

座談会スタッフ(左から):
工事部 田嶋 / 注文住宅事業部 秋元 / 設計部 吉田 / 不動産営業部 市川

先輩社員たちの座談会

アスティークメッセージ 社長あいさつ イメージ

笑顔を大切にする会社に惹かれました

市川:部署が違うと、あまり深い話をする機会もないので、今日はちょっとアスティークでの自分たちの仕事や日常について語り合いましょう。まず新卒入社の吉田さんは、どんな経緯でアスティークに入ってきたの?

吉田:私は建築学科を卒業して、この業界に入ることは決めていたんですが、もともと大手のハウスメーカーに入る気はなかったので、中小の住宅関連企業を中心に就職活動をしていました。そこでいくつか良い会社はあったんですが、その中で一番重視していたのが「笑顔」!

秋元:笑顔!?

吉田:住宅って、お客様にとっての一生の買い物ですよね。そんな大きな決断を、良いイメージをもって進めてもらうって大事なことだと思ったんです。アスティークは「笑顔と感動を創造」というキーワードをバンと前面に出しているじゃないですか。それを見て興味を持ち、実際に訪問したら、笑顔で働いている人が多い会社でした。それが大きな決め手でしたね。

座談会 イメージ

吉田:田嶋さんは、どうしてこの会社に?

田嶋:僕の場合は知人の紹介で宮谷社長と知り合ったんだけど、その頃はまだ工事部という部署がなくて、社内で準備している段階だったんだよ。そこで「やってみないか?」と声をかけてもらって。もともとアスティークの家が好きだったし、一から組織を立ち上げることに面白さを感じて、入社することになったという流れだね。

秋元:そうなんですね。で、実際に入ってみて、どうでした?

田嶋:いろいろと大変だったけど、でも自分たちで何もなかったところから一つひとつ「工事部」という部署とその仕事を整備していったというのは楽しかったね。入社直後から自分に仕切りを任せてくれて、自分たちで毎日新しいものをつくっているんだという実感があったよね。

吉田:私も入社一年目から、設計の仕事を任せてもらっています。別の建築系の会社に就職した同期に話を聞くと、一年目は研修扱いというところもあるようですから。

市川:確かに、一人ひとりの社員を信じて任せてくれるという文化は、この会社にあるよね。

座談会 イメージ

「笑顔」のために「丁寧」な仕事をする会社です

田嶋:市川さんは、もともと同業他社からの転職だったよね。アスティークに入ってみて、以前の会社とのギャップは感じた?

市川:この業界って全体的にそうだと思うんですけど、たくさんの案件を抱えていると、どうしても仕事が流れ作業になってしまいがちなんですよ。でもアスティークに入って感じるのは、個々の案件をとても丁寧に考えながら進める会社だということです。仕事のペース配分も無理がないし、非常にやりやすいですね。

秋元:その点でいうと、僕も仲介業者の立場でアスティークの家を販売していた経験があるんだけど、一軒一軒の家のつくりがとても丁寧という印象を持っていました。他社の家と比べてズバ抜けて良かったし、間取りや動線が女性目線で考えられていて、住む人の立場になって建てられた家だなと思っていました。「丁寧」というワードも、アスティークの特徴を表す表現の一つかもね。

座談会 イメージ

吉田:設計の立場で「丁寧さ」を考えると、やはりお客様の目線になって図面を描くということに尽きると思います。その結果として、ここに棚をつけようとか、カップボードをつけようとか、工事部には大変な設計になってしまうこともあるのですが(笑)。

田嶋:確かに(笑)。設計部から盛りだくさんの内容の図面をもらうと大変だなと思うこともあるけど、でも最終的にはお客様に喜んでもらえるアイデアを形にするというのは楽しいし、やり甲斐を感じながら作業してるよ。

秋元:笑顔創造企業ですから。お客様の笑顔を最優先にして、それぞれの部署が仕事をしている実感はありますよね。僕が販売を担当したご家族にも、棚やカップボードはすごく喜ばれていましたよ、吉田さん(笑)。

吉田:嬉しいことですよね。

アスティーク社屋内観

社員のチャレンジ精神を大事にしてくれます

市川:こういう意識が共有できているのは、社内の人間関係が良好だというのが大きいよね?

秋元:基本的にみんな仲が良いよね。お互いの距離感は近いし、終業後に部署や個人単位で飲みに行くことも多いし。仕事って、やっぱり人間関係が第一じゃないですか。アスティークはそれがうまくいっているから、お客様に対しても一体感をもって接することができているんじゃないかな。

吉田:仕事中はもちろんそれぞれ集中して作業していますが、誰かが面白い話題を振ればそれに乗ることもありますし、ON/OFFの切り替えができていてやりやすいです。

田嶋:用地の仕入れ、設計、建築、販売、アフターフォローという僕らの仕事には、たくさんの人が絡むよね。それをバラバラな企業が、異なる考え方で進めたら、お客様は不安に感じるでしょ?アスティークの場合はその業務をすべて社内で行い、しかも「笑顔を創造する」という共通理念のもとに全社員が同じ方向を向いて仕事をしている。それが大きな強みになってるんじゃないかな。

秋元:それと、アスティークではチャレンジ精神が尊重されていると思う。社員の「こんなことがやりたい!」という意欲を、会社はバックアップしてくれますよね。

先輩社員からのメッセージ

吉田 真奈美Manami Yoshida

自分から手を挙げれば社歴や経験を問わず チャレンジできるので、 チャンスもたくさんあると思います!
【 建築学科卒業 → 新卒入社 】

市川 知栄Tomohide Ichikawa

社員を信じて任せてくれる文化があるので、自身の 考えで仕事を進めたいと思う人にはオススメの会社です。
【 大手不動産会社 仕入 → 中途入社 】

田嶋 知治Tomoharu Tajima

会社も先輩も「まずはやってみな」という姿勢で 応えてくれるオープンなスタンスです。
【 地元工務店 → 中途入社 】

秋元 宏之Hiroyuki Akimoto

必要な時には先輩がサポートしてくれるので 安心して飛び込んできてもらいたいですね。
【 アパレル会社 → 不動産仲介会社 → 中途入社 】

Entry
リクルートエントリー

アスティークで働いてみたい方、どうぞこちらからエントリーください。

エントリーフォーム